« 崩壊直前 | トップページ | 癒し系列車 »

2016年2月12日 (金)

ヤマイモと早苗サン

646

田舎で泥つきのヤマイモ (ヤマトイモ) を仕入れてきた。
なんで田舎まで行くのかというと、安いからである。
ご覧の、パソコンのキーボードからはみ出しそうな、手のひらサイズのでっかいのが、三つ入って650円だ。

わたしの郷里のあるあたりには利根川が流れていて、河川敷に近い一帯の土壌はヤマイモの生育に適しているらしい。
いつも帰省するたびに、とちゅうにある 「道の駅」 に寄るんだけど、売られている郷土の産物の中で、わたしのいちばんのお気に入りがヤマイモなのだ。
これでトロロ汁を作ると、全部が全部じゃないけど、ときどき本物の自然薯の風味を持つものに当たることがある。

司馬遼太郎の 「街道をゆく」 の中に、鮎のダシでトロロ汁を作るという話が出てきた。
目下のわたしはホタテとシイタケの味噌汁をダシにしているけど、これからいろんなもので試してやろうと思っている。

ヤマイモとぜんぜん関係ないけど、高市さんちの早苗サンが、総務省が放送局の免許に口出しをするのはこういう場合だと、極端な例を挙げている。
極端な例というのはめったに起こらないから極端なので、それなら起こってから論議すればいいだけの話だ。
普段からそういうことをいうから恫喝といわれる。
きっと目立って、安倍クンに忠誠を誓って、もっといい地位に引き上げてもらって、将来は日本版ヒラリーになろうって魂胆だろう。
もうひとつの郷里の産物である小渕さんちの優子チャンが、雌伏しちゃって久しいけど、恋しいねえ。

|

« 崩壊直前 | トップページ | 癒し系列車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマイモと早苗サン:

« 崩壊直前 | トップページ | 癒し系列車 »