« ジミヘン | トップページ | 左派の憂鬱 »

2016年5月27日 (金)

映画2本

録画しておいた映画2本を立て続けに観た。
1本はイタリア映画で、「父/バードレ・パドローネ」、もう1本は古いアメリカ映画で「白熱」という作品。
いい映画だったらDVDに焼いて永久保存の予定。

観るまえの予想では、「父」のほうは芸術作品、「白熱」のほうはギャング映画なので、どっちに期待していたかおのずとあきらか。
ところが予想がはずれた。
芸術作品のほうは、わるい映画じゃないけど、いきなり観ると意味のよくわからないところがある。
映画の中ほどで、ハンサムな若者が羊飼いに撲殺されるシーンがあるんだけど、どういう事情で殺されたのかわからない。
あわててネットで、この映画の解説を見つけて読んでみた。
そうやってあらかじめおおざっぱなストーリーを知っていれば文句のない映画だけど、意味がわからないというだけでわたしの評価はぐっと落ちる。

ギャング映画のほうは、なにしろアメリカ映画だからわかりやすい。
そうかといって単純明快、ノーテンキというわけでもない。
主人公のギャングが残忍なくせして、一方ではマザコンという設定がおもしろい。
おとり捜査官の正体がバレそうになって、けっこうハラハラドキドキする場面もある。
テレビで最適な画質で観られるようデジタル調整してあるらしく、モノクロの画面がひじょうにシャープなのも気に入った。

というわけで、わたしの判定ではギャング映画のほうに軍配を上げるけど、やっぱり両方ともDVDには焼かないことにした。
最近のわたしの部屋には録画したDVDがあふれていて、よっぽどの傑作でなければ、これ以上そういうものを増やしたくないのである。

|

« ジミヘン | トップページ | 左派の憂鬱 »

壮絶の映画人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画2本:

« ジミヘン | トップページ | 左派の憂鬱 »