« タイ/男と女 | トップページ | タイ/ゆるゆる »

2016年6月14日 (火)

ヤフオク

まえに触れたことのある沢木耕太郎の「深夜特急」という本。
その後何回か図書館に行ってみたけど、あるのは6巻だけで、ほかはいつも貸し出し中になっている。
そんなら買ってしまえと、わたしは書物には銭を惜しまない人間なのだ。
しかし、さすがに読み終わったあと、捨ててしまうに決まっている本を新品で買うのはもったいない。

そういうわけでヤフオクに当たってみたら、1〜6巻までそろって700円ぐらいという商品が見つかった。
読めればなんだっていいのだから、入札に参加してみた。
すると、すぐに10円上乗せしてきたライバルがいた。
これだけでアホらしくなって入札から下りてしまった。
こういうのって、値をつり上げるために、出品者が知り合いに頼んで入札に参加してるってことはないのだろうか。
新品で買っても1冊せいぜい400円ていどの本を、そんなにムキになって欲しがる人がいるんだろうか。

ムキにならないわたしはさっさとあきらめて、昨日は街の本屋で新品を買ってきてしまった。
読み終わった本(どこにでもある文庫本)を、ヤフオクに出したり、古本屋に持ち込む人というのは読書の楽しみを知らない人じゃないのか。
わたしの知り合いには、もったいないといって新聞もとってない人間がいるけど、読書ってのは時間や金銭に換算できないような気がする。
だからわたしはいつまでも貧乏人なんだといわれると、ゴモットモとしか言いようがありませんけど。

|

« タイ/男と女 | トップページ | タイ/ゆるゆる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤフオク:

« タイ/男と女 | トップページ | タイ/ゆるゆる »