« 女性らしさの時代 | トップページ | 空虚 »

2016年9月 2日 (金)

手練

最寄りのJR駅のわきにある大型スーパーに行く。
ここんところの愛用品はマグロの味噌漬けで、これを焼いて食べると、肉嫌いのわたしには、立派に牛肉ステーキの代用品になる。
これ2枚チョーダイなんて店の親父とももう顔なじみだ。

この店には試食品として、小さな小皿に盛られた、なんかの佃煮みたいなものも並べてある。
わたしが買い物をしているとき、たまたま高校生らしい数人のグループがやってきた。
彼らが試食品に手をのばす間もなく、親父はさりげなく、しかもすばやくそれを引っ込めてしまった。
みごとな手練だった。
高校生たちは、オー、ノーという感じで肩をすくめていた。

わたしにはこれがいいことなのかどうかわからないけど、おそらくこの高校生たちは、しょっちゅうこの店にやってきて、なにも買わずに試食品を味わっているのだろう。
いや、みごとなもんですねと、わたしが親父の手練を賛辞したくなったのは事実。

|

« 女性らしさの時代 | トップページ | 空虚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手練:

« 女性らしさの時代 | トップページ | 空虚 »