« 困ったとき | トップページ | 手練 »

2016年9月 1日 (木)

女性らしさの時代

Bc01

チャスラフスカさんが亡くなった。
東京オリンピックのときに名花とよばれた人で、あわてて映画「東京オリンピック」を見返してみた。
でも彼女の出番はけっして多くなかった。
考えてみれば当然で、彼女が東京の恋人といわれるほど日本びいきになるのは、このオリンピックのあとだ。

彼女の時代はまだ女性らしさが重要だったころで、体操の女子選手はチャスラフスカさんにかぎらず、みんな女らしかった。
とはいうものの、わたしはまだニキビ花盛りの少年だったから、田舎で目をパチクリしていたというのが正解で、彼女の性的なファンであったとはいえない。

わたしがオリンピックの体操を、ぎらぎらした目で見るようになるのはもっとあと。
体操やフィギュアスケートには美女が百花繚乱だけど、わたしがファンになったアイドルはスケートのほうにいて、ロシアの選手マリア・ブッテルスカヤあたり。
クールビューティと呼ばれるくらい無表情が売りモノで、白いスケートウエアの似合う美女だったけど、エレガントという形容にこれほどふさわしい選手はいなかった。
みんなみんな美しかった時代だったよなあ。

つぎの東京オリンピックは、雲の上から日本を応援します。
これはチャスラフスカさんの、日本人に対する最後のメッセージ。

|

« 困ったとき | トップページ | 手練 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性らしさの時代:

« 困ったとき | トップページ | 手練 »