« ユリコさん | トップページ | スキャンダル »

2017年3月18日 (土)

則天去私

B

夏目漱石が生前にモットーとしていた言葉に「則天去私」というものがある。
読んで字のごとく、天にのっとり己れを去る、つまり煩悩や欲望を忘れて自然のまんまで生きようということである。

あいもかわらず政治や国際問題に首を突っ込んで、蟷螂が鎌をふりまわすのわたし。
煩悩や欲望がうずまいているような感じだけど、じつはこれほど則天去私の精神に忠実な生き方もないのだ。
わたしの知り合いには、もっと身近な交友関係に不平不満ばかりいっている人がいる。
相手に手がとどくだけに、これではストレスがたまってしまう。

わたしの場合、身近な人間関係にほとんど興味がなく、他人がなにをしようが放っとけ主義。
わたしみたいに独断専行で、身勝手きわまりない人間は敵も多いから、いちいちまわりを気にしていたら大変だ。
まわりを気にしないで、自分ひとりですこやかに生きていこうというのだから、これも立派な則天去私なのだ。

ブログで文句をいう相手も、たいてい国家権力だとか、不条理な社会なんかであって、しかもまるっきり相手にされてないし、反論も期待していないから、ストレスもたまらない。
そうかといっていいかげんなことも書けない。
必然的に新聞(朝日)をすみからすみまで読み、テレビ(NHK)にかじりつき、ネットをこまめにチェックする。
こうやって年がら年中情報収集にはげんでいるものだから、いやがうえにも知識が身につき、人間が賢くなるのだ(そんな気がするのだ)。
つまり、なんだな。
則天去私ってのは、いまのニートやひきこもりに通じるところがあるのだな。

こんなタノシイ生活でストレスがたまるはずがない。
しょっちゅう病院に行ったり、そこで押しつけられた大量の薬を飲んだりするより、ブログでも書いてウサ晴らしするほうが、よほど健康によござんすよ。
今日はパソコン同好会の日だから、そう、みんなに力説してみるか。
またいやがられるだろーな。
世間から距離をおいて生きるってのはなかなかむずかしい。

世間でゆるキャラが人気だから、画像はうちで作った「ニートネコ」。

|

« ユリコさん | トップページ | スキャンダル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 則天去私:

« ユリコさん | トップページ | スキャンダル »