« ヒガンバナ | トップページ | 気になる »

2017年9月22日 (金)

結婚

もうこのトシで、いまさら結婚する気はないんだけど、ある調査のためにロシア人との結婚斡旋所に登録してみた。
それ以来3日とあけずにロシア女性からメールが来る。
本人の写真やプロフィール紹介もあるから、まんざらデタラメでもなさそうだけど、メールを最後まで読みたければ追加登録をしろってことで、いくらか別料金を取られるらしい。
そこまで興味はないし、プロフィールをながめるだけで目的は達したようなものだから、それ以上相手の希望には応じられない。

それにしても日本人と交際したいと考えるロシア女性の多いこと。
日本が平和で安定していて、食べ物が美味しい国というのは、いまや世界に鳴り響いている通説らしい。
わたしがもっと若ければよりどりみどりで、いまごろは素敵なロシア美人と結婚していたかもしれない。
でもまあ、これが運命なのか、こういう状況はすべてわたしが前期高齢者になってからのものだ。
生まれるのが早すぎたなあ。

最初の簡単な登録時に、正直にこちらの年齢も明かしたものだから、やって来るメールは、わたしにふさわしい相手ばかり。
ロシア女性というと、どうしても色白で、スリムな体型の美女を想像してしまうんだけど、わたしんところへ来るのはそうじゃないねえ。
おまえはマトリョーシカかといいたくなる相手がほとんどだ。

でもときどき、どこを間違えたのか、まだうら若き美人からのメールもある。
シーッ、たったいま舞い込んできたものは、なぜかトルコ在住の、国籍カナダという34歳のエリザベスさんからだ。
写真で見るかぎり、色が白くてスマートで、典型的ロシア美人だから、こういうのが理想だけど、ネクラで自閉症ぎみのわたしが、そんな相手にもてるなんてハナっから思っちゃおりませんわ。
それにわたしの独身は病的なこころの問題に起因するから、生まれや育ちがまったく別のものにならないかぎり、結婚することはあり得ないと思う。

|

« ヒガンバナ | トップページ | 気になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚:

« ヒガンバナ | トップページ | 気になる »