« シミュレーション | トップページ | 資格 »

2017年9月12日 (火)

今日の夕刊

ウチの新聞が偏向しているという典型みたいな記事が夕刊に。
在日韓国人の男性が、朝鮮人虐殺をいまこそ伝えると意気込んで、関東大震災の記録映画を作るという。
彼は同じテーマで過去にふたつの作品を作っているそうだけど、2011年の東日本大震災を契機に、第3作を作る気になったのだそうだ。
なるほどと感心した。

東日本大震災では外国人の虐殺はひとつも起こらなかった。
それどころか中国人の研修生を逃すために自ら犠牲になった日本人の社長さんさえいたくらいだ。
だから日本人はちゃんと過去に学んでいるではないかというのがテーマかと思ったら、ぜんぜんそんなことはないようだ。

虐殺という不幸なできごとは、その後も世界の各地で数え切れないくらい繰り返されている。
それなのにもう百年もまえになりそうな虐殺事件を取り上げるなんて、映画を作るほうは韓国人だから勝手だけど、ウチの新聞はどうしてこんなものを載せるのだろう。

|

« シミュレーション | トップページ | 資格 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の夕刊:

« シミュレーション | トップページ | 資格 »