« またホトトギス | トップページ | いつまでも »

2017年10月12日 (木)

ヘビとナメクジ

0747a

散歩の帰りに見かけたもの。
ヘビはそろそろ秋の気配を感じて、わたしにまけないくらい物思いにふけっているようす。
彼かここまで大きく太くなるためには、いったいどれだけの生きものを丸呑みにしてきたのか。
オレってなんでこんな因果な性格にうまれちゃったんだろう。
しみじみと考えていて、みじろぎもしないから、じっと近づいてアップで撮ることができた。
ヘビはそれまで。

0747b

さらに帰りに丸々とした大きなナメクジを見た。
ヘビってナメクジを食べないんだろうか。
と考えて、子供のころ読んだ血わき肉おどる少年向けマンガを思い出した。
ナメクジってヘビの天敵だよな。
ソースはガマの児雷也と、ヘビの大蛇丸(おろちまる)、ナメクジの綱手(つなで)の三すくみ。
少年のころからわたしは、ヘビはガマを追いかけ、ガマはナメクジを、ナメクジはヘビを追いかけるものと信じているのだ。

|

« またホトトギス | トップページ | いつまでも »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘビとナメクジ:

« またホトトギス | トップページ | いつまでも »