« 仕事ぎらい | トップページ | ハートのかたち »

2017年11月10日 (金)

日本のミライ

たしかユリコさんの希望の党の、共同代表を選ぶ選挙が今日じゃなかったっけ。
いまのところ玉木サンと大串サンが有力候補らしい。
このうち玉木サンのほうはユリコさん肝いりの議員で、彼が勝てばユリコさん路線を引き継ぐことになり、大串サンのほうは民進党からの転身組だから、彼が勝てば民進路線を引き継ぐことになるだろう。

民進路線を引き継いだのでは、とうぜん民進と同じようにジリ貧になるだけ。
希望の未来としては、玉木サンのほうがいくらかマシのように思えるんだけど、先日の国政選挙で負けてがっくりきたユリコさんが、あとは勝手にしてよと党を投げ出したもんで、将来の予測が不透明だ。
どっちに転んでも不満分子をかかえたままで、分裂の可能性すらあるから、そうなると泡沫政党のまんまであることは確実だし、代表の選挙ごときで騒いでも仕方がないんだけどね。

それではこのまま自民党が我が世の春を謳歌するかっていうと、実績や政策よりも、長くやっているからもう飽きた、辞めさせようという単細胞の国民ばかりでは、こっちの未来も予測不可能。
思い切った話題作り、サプライズをかまさないと、自民党だって勝つことはむずかしいかもしれない。
それでも自民党が有利なのは、総裁候補に聖子チャンや進次郎クン、河野クンを担ぎ出すような、話題づくりのネタに事欠かないからだ。
そ、いまは話題づくり選挙の時代である。

|

« 仕事ぎらい | トップページ | ハートのかたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のミライ:

« 仕事ぎらい | トップページ | ハートのかたち »