« 深読み | トップページ | 日本のミライ »

2017年11月 9日 (木)

仕事ぎらい

意味もなく体調がいいってんで、今日は鼻歌まじりで吉祥寺まで出向く。
ヨドバシカメラで録画保存用のブルーレイ・ディスクを買って、帰りは行きつけの居酒屋でコスパ満点のランチを食う。
どうもここのところ、わたしの気分は秋の天気のようにめまぐるしいけど、今日ノーテンキな理由は、仕事を休むぞと決心したからに違いない。

とにかく若いころから、わたしぐらい仕事のキライな人間はいなかったね。
仕事の好きな人間はいないといわれるかもしれないけど、でもわたしの周辺にも、そんなにお金を儲けてどうするんだというくらい、朝から晩まで家族のために働き続けている人がいる。
そこまで熱心でなくても、たいていの人は社会人の義務だとあきらめて、毎日いやいやながらでも定時におきて職場に向かうものだ。

わたしの人生が暗かった原因は、この仕事ぎらいにある。
ああ、今日も仕事かとおもったら、そのまま布団の中で首でも吊りたかったくらい。
そんなにイヤならほかの仕事を探せばいいようなものだけど、しかしこれまでいろんな仕事をしたくせに、ひとつだってわたしがこころから打ち込めた仕事はなかった。
ようするに仕事うんぬんではなく、時間にしばられるのがイヤだったらしい。
若いころなら、つねに自由にあこがれているんだなんて粋がっていられたけど、これってようするにニートの、つまり怠け者の言い訳だよな。

わたしはそんな苦渋に満ちた人生を、ン十年も続けてきたのだ。
そんな人生にもようやく先が見えてきた。
わたしは残りの人生をおもしろおかしく過ごすことにした。
え、先立つもの?
家族のいない人間は貯金をゼロにしてもいっこうかまわんのだよ。

ああ、また反社会的なことを書いちゃった。
でも死にたいと考える若者たちには、こういう生き方もあるという参考にはなるかも。
キミはひとりじゃない。
死ぬのは貯金をゼロにしてからで遅くはないのだ。

|

« 深読み | トップページ | 日本のミライ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事ぎらい:

« 深読み | トップページ | 日本のミライ »