« 今朝の新聞 | トップページ | 疲れる »

2017年11月29日 (水)

希望

昨夜の「1本の道」という番組にモンテネグロが出てきた。
そのまえの「入りにくい居酒屋」にはクロアチアのザグレブだ。
知っている人は知っているだろうけど、これらの地名は、民族浄化という言葉がはじめて使われ、第二次世界大戦以降で最悪といわれた、悲惨な紛争のあったところである。
それがいまでは風光の明媚な観光地になり、わたしが部屋でテレビのまえに転がりながら、行きてえなあとつぶやく国になった。

じっさいあの紛争はひどかった。
毎日のように虐殺されたおびただしい死体の山が報じられる。
わたしはおぼえているけど、異なる民族の恋人同士が、ひとつの橋の上で手に手をとって死んだこともあった。
憎しみが憎しみを生み、その殺戮の連鎖はとどまるところがないように思えた。
それが、ある日、ぴたりと、じっさいにはNATO軍の空爆や、大国の干渉もあったけど、いまから考えるとぴたりというのがふさわしいくらいに、止んだ。
モンテネグロもクロアチアも、いまでは赤い瓦屋根が美しい観光国だ。
テレビで観るかぎり、人々はそんな殺し合いがあったことも知らないようだ(せいぜい20数年まえのことなのに)。

ユーゴ紛争はわたしたちにひとつの希望を与えてくれる。
戦争がぜんぜんあとを引かずにぴたりと止むことが可能なら、いまでも凄惨な殺し合いが続いている中東でも、やがてそれはゆっくりと沈静化し、現地の人々の平和な生活がもどり、わたしたちがピラミッドやペルセポリスのような古代の遺跡を、安全に見てまわる日が来るかもしれない。
それまでわたしは生きていられそうにないけど。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | 疲れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 希望:

« 今朝の新聞 | トップページ | 疲れる »