« 光ありき | トップページ | 共産党に提言する »

2017年12月15日 (金)

年賀状の季節

今年もぼちぼち独創的な年賀状のアイディアを考えなければいけない時期になった。
わたしの場合、来た年賀状に返事を書くだけだから、大騒ぎすることもないんだけど、そのかわりこちらから投函するのがどうしても一歩遅れる。
なにげなしにネットニュースを読んでいたら、そういう場合に注意が必要なんだと。

今年ははがきの値上げがあったので、年賀状も本来なら値上げされているはずが、特例として来年の1月7日までに投函したものは旧料金でいいそうだ。
わたしのところには、毎年ほんのちらほら、三が日を過ぎてから舞い込んでくる年賀状があるんだけど、これでは大急ぎで返事を書かないと7日までに間に合わない。
そのころには今年の年賀状が足りなくなって、あわててコンビニに走ることもあり、そういうときにかぎってもう売り切れですなんていわれる。
遅れてくる年賀状は、相手がわるいのだから、受取人に請求するよう書いておくか。
どうも春から縁起がいくないね。

|

« 光ありき | トップページ | 共産党に提言する »

孤独のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132406/66160556

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の季節:

« 光ありき | トップページ | 共産党に提言する »