« 疑う | トップページ | 謎の飛行機 »

2017年12月22日 (金)

ゴムカタパルト

0771a

昨日もまた飛行場を一周していたら、公園の一角にある広い芝地で、年金暮らしみたいなおじさんたちが集まってなにかしていた。
みんなでいっせいに空を見上げているから、ドローンでも飛ばしているのかと思って近づいてみたら、じつはこれって紙飛行機を飛ばしているのだった。

最近はいいトシこいたおじさんもそういうことをするのかと愕然としたけど、そばで観察しておどろいた。
たかが紙飛行機とバカにするなかれ。
20センチほどの飛行機が、うまく気流にのると、1分ちかくも上がったり下がったりして、なかなか落ちてこないのだ。
調べてみたら「ゴムカタパルト」という遊びらしく、おじさんたちは持ち寄った飛行機の滞空時間や飛距離を競っていたのである。

0771b

なかなか落ちてこないのは、けっして飛行機自体に動力がついているわけではなく、動力源は発射するさいのゴムの反発力だけである。
ようするに、わたしたちが子供のころよくやったゴムで小石を飛ばすパチンコ、あれで小石の代わりに紙飛行機を飛ばしているようなものだ。
飛行機の材料は、牛乳の紙パックを利用したりしているから、べつに凝ったものではない。
しかし長時間飛ばすためには、形状の工夫や、空力学的計算が必要だろうから、けっこう知的なおとなの遊びといえる。

0771c

なにも知らないのはわたしだけ。
この11月に葛西臨海公園に行ったときには、「スポーツカイト」という新しい凧揚げを発見したし、ひきこもりの知らないうちに世間はますます進化しちゃってんなと思う。
でもほんとうに問題なのは、そういうものを見ても、自分もやってみたという意欲がせんぜん湧かないことだ。
若いころは好奇心のかたまりだったのに。

|

« 疑う | トップページ | 謎の飛行機 »

孤独のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕たちが子供の頃は「パチンコ」の事「ごむひき」と言ってました。パチンコという言い方は標準語だと思いました。樫の木の適当な大きさのY字形の枝を切り出して何本も束にした輪ゴムを取り付けました。その中央には小石を支える布なども付けました。
蛇足:プラスチックオノバンドって知ってますよね。後年輪ゴムを英語でelastic bandと分かった時に小野洋子の意図が分かって、思わずニヤっとなってしまいました。
蛇足2:plastic(塑性)とelastic(弾性)は反対語

投稿: 女音恋音 | 2017年12月22日 (金) 17時01分

さすがはBeatlogy(ビートルズ学)の大家。
わたしたちはけっしていまの若者をうらやましがったりしませんよね。
わたしたちのビートルズが、現代の若者の安室奈美恵やAKBだとしたら、そりゃあんまり悲惨すぎる。

投稿: 酔いどれ李白 | 2017年12月23日 (土) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132406/66186426

この記事へのトラックバック一覧です: ゴムカタパルト:

« 疑う | トップページ | 謎の飛行機 »