« 寂しい季節 | トップページ | 狡猾な国 »

2018年1月 7日 (日)

蔵の街

0779a0779b2

今日はいい天気なので、蔵の街といわれる川越まで散歩の足をのばした。
連休でもあったので、いや、すげえ混雑。
成人式の晴れ着の女の子が混じっているのはいいとして、中国語や韓国語も飛び交い、わたしは釣られてバケツに放り込まれた鮒みたいにアップアップ。

0779c20779d2

腹がへったからウナギでも食べるかと思ったけど、いっしょに行った俗物の見本みたいな知り合いが、女の子が喜びそうなカラーのMAPを取り出して、ここに鰻屋があるという。
しかしこういう観光地に来る人間は、みんなそういう案内をアテにして、みんなそういう店で同じようなものを食うに決まっているのだ。
案の定、お目当ての店は、わたしにはとうていガマンできないくらい行列ができていた。

あきらめて駅から近い蕎麦屋に入ったけど、高くてまずい、観光地の尻尾にぶら下がってなんとか脈動を保っているような店だった。
おまけにわたしの足はますます衰えたようだ。
よろよろと帰宅し、さっきまでひと眠りしたトコ。
死にたい。

|

« 寂しい季節 | トップページ | 狡猾な国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵の街:

« 寂しい季節 | トップページ | 狡猾な国 »