« ブリキの太鼓 | トップページ | ひねもす »

2018年1月11日 (木)

またセクハラ

Act

このブログでも書いたことのあるハリウッドのセクハラ問題について、フランス女優のカトリーヌ・ドヌーブおばさんが発言しているぞ。
いまの若いもんはこの人を知らないだろうけど、たとえば「反撥」なんて映画の彼女はステキだったねえ。

おばさんの話を要約すると、そんなもんでゴタゴタ騒ぐなってこと。
そりゃそうだよな。
セクハラなんて相手の横っ面を張り飛ばしてやればチョン、そのかわり新人女優ならそのまんま映画界から永久放逐ってことになるだろうけど。

わたしはときどき思うんだけど、アメリカやブラジル、フィリピンなどにはスラムというものがある。
貧しい環境で、暴力、犯罪が蔓延しているところだそうだ。
それでもそういうところで暮らさなければならない人たちがいる。
そういうところで生まれ育つ子供たちがいる。

スラムで生まれた女の子がいたとしよう。
彼女はとても可愛らしかった(じっさいブラジルの女の子は可愛いぞ)。
貧しい境遇であっても、たいていの子供たちは日本のガキよりよっぽど健康的で、不幸そうには見えない(場合が多い)。

しかしスラムで生まれた美人の女の子が、18まで無傷でいられるだろうか。
きみはビリー・ホリディの伝記を読んだことはないか。
わたしは映画「ブリキの太鼓」についてブログに書いたばかりだ。
この映画のなかに、貧しいジプシーの子供たちが出てくる。
そのなかにとても可愛らしい女の子がいた。
彼女にしてもそうだけど、こういう娘の将来に待っている運命はどんなものだろう。

踏みにじられた雑草は強いということわざがあるから、一時的にひどい目にあっても、彼女らがけっきょくは幸せを手にすることもあるかもしれない。
しかしハリウッドのセクハラなんて、勇気を出して告発したなんて騒ぐほどの問題じゃないと思うし、少なくてもわたしが興味をもつ問題じゃない。

添付した画像は内容と関係ありません、わたしの好みってだけで。

|

« ブリキの太鼓 | トップページ | ひねもす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕が青春時代、この女優さんは既に僕にとってはおばさん的雰囲気を持っていました。その代り、同時期のイタリアの、僕には、カトリーヌスパークがとってもチャーミングでした。そんな訳で、今でも時々youtubeで「太陽の下の18歳」のツイストを踊るシーンを楽しんでいます。そう言えば、酔いどれ君と一緒にツイストを踊ったことがありましねー。
完璧な蛇足:白鵬の最高に危険な技は「とったり」です。豊の島はこれを喰らって、腕を痛め、いまだに無給の幕下に低迷しています。大関候補だったんですよ。初日相手の貴景勝は同じ体型だけにとても心配です。

投稿: 女音恋音 | 2018年1月11日 (木) 15時11分

ドヌーブがスパークだなんて、女音恋音クンもずいぶん年寄りなんですねえ。
というのはウソ。
おぼえていますよ、カトリーヌ・スパーク。
レジレジーレバーイ、エノフェナーレマーイなんて、イタリア語のぜんぜんわからないわたしが、すり切れるくらいレコードを聴いて、なんとか歌えるように音を拾ったものでした。
歳がわかっちゃうからこれ以上いいませんけど。
不完璧な蛇足/お相撲さんのことはさっぱりわかりません。

投稿: | 2018年1月11日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またセクハラ:

« ブリキの太鼓 | トップページ | ひねもす »