« 雪のなかの墓標 | トップページ | 万葉集 »

2018年2月 3日 (土)

サトイモ

あ、もうすぐ日にちが改まってしまう。
なんか書かなくちゃと気ばかりあせって何も出て来ないや。
べつに無理して書く必要のないブログのくせして、ここ数カ月連続更新が続いているから、その記録を途切れさせないようにと、不必要な義務感にかられているのだ。

0787

仕方がないから、晩メシに食べたサトイモのことを書く。
べつに煮たり焼いたりしたわけじゃない。
泥つきのままふかし、まだ熱いやつの皮の一部をむいて、あとは手でしごくと、つるんと中身が飛び出してくる。
これに塩胡椒をふって食べるのだ。
シンプルだけど、これがなかなか美味しいというので、いまの季節の独居老人の楽しみなのよ。
どんどん料理のレパートリーが増えるな。

|

« 雪のなかの墓標 | トップページ | 万葉集 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サトイモ:

« 雪のなかの墓標 | トップページ | 万葉集 »