« 姑息 | トップページ | ひねくれ »

2018年2月19日 (月)

絶望

0790b0790c

やれやれ。
わが家の周囲に数本だけ残っていたケヤキやカエデが、凶悪な宇宙人にばっさり切り倒されているところ。
わたしはなすすべもなくそれを見守っているところ。
神も仏もないものか。
緑にかこまれていると癒されるなんてのは錯覚だといっていた女音恋音クンだって、砂漠のまん中に住みたいとは思わないだろう。

|

« 姑息 | トップページ | ひねくれ »

近所の野生たち」カテゴリの記事

コメント

借景の粋を楽しんでいる風流人かと思えば
他人様の財産を他人様が自ら動かしたのを
ギャアギャアと喚き立てる老害ですか
近隣をうpし過ぎですから名前もご住所も割られていますよ

投稿: ちから | 2018年2月21日 (水) 08時55分

他人さまが自分の財産を処分することについてはひとつも文句をいってませんよ。
いちにち、せいぜい70か80しかアクセスのないブログで、自分のまわりの環境が激変するのを悲しむのが、あなたにはギャアギャアいってるように聞こえるのですか。

最近はもう歳ですからね。
自分の名前や住所があきらかになっても失うものがあるわけもなし、あなたのコメントで、わたしの友人以外にもこのブログを読んでくれる読者がいることがわかってウレシい。

投稿: 酔いどれ李白 | 2018年2月21日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶望:

« 姑息 | トップページ | ひねくれ »