« 逆行 | トップページ | 今朝の新聞 »

2018年3月25日 (日)

サクラの季節

Hana

中国にお株をうばわれそう。
わたしの愛読するネット掲示板の「海外の万国反応記」に、中国でもこの季節、あちこちで花見をしているという記事が写真つきで載っていた。
日本よりずっと大きい国だから、桜のスケールもでっかい。
すぐとなりにある国の文化をわがものにしようと、本気で乗りだして来られたら、日本じゃ太刀打ちできないくらい。

むかし中国で、花は花でもナノハナが地平を埋め尽くすような光景を見て、その壮大さに感動したものだけど、ナノハナなら中華料理に必要な油が取れるから、人民が一丸となって育てようとするのも理解できるけど、サクラなんてどうしようというのか。
サクランボでも食べようってのか、さくら餅でも輸出しようってのか。

わたしがはじめて中国へ行ったころは、鉄道の沿線に見られる農家の庭に、咲いている花があまりなくて、日本の農家との落差にがっかりしたことがある。
やはり生活にあるていど余裕ができなければ、花を育てよう、鑑賞しようという気にはならないのだろう。
つまり花があるかどうかは、その国の豊かさや、さらに民度まで知ることのできるバロメーターといっていいかも。
見るだけしか役に立たない植物を植えようという気に、中国もいよいよなったかと、一種の感慨があるな。

写真で見るかぎり、ソメイヨシノばかりでなく、他のサクラや、モモやアンズもごたまぜみたいで、これはこれでなかなか美しい。
他人がサクラを植えることにに文句をいっても始まらないから、韓国のイチゴみたいに日本が保護主義にはしることもなさそうだ。

|

« 逆行 | トップページ | 今朝の新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サクラの季節:

« 逆行 | トップページ | 今朝の新聞 »