« 今朝の新聞 | トップページ | 潜れ!さかなクン »

2018年4月14日 (土)

政治の現状

ウチの新聞のしつような攻撃が功を奏して、安倍クンの3選ががゆらいでいるようだ。
総理の部下であるはずの自衛隊のトップも、これ以上総理の意向を忖度してこっちまでとばっちりを受けるのはマッピラのようだし、大学の認可にはいろんな事情があるはずなのに、選ばれなかった京都産業大学のもと教授さんもべらべら喋りだすし、陳情してそもそもの原因をつくった愛知県の知事さんまでもが、落ち目の首相に反旗をひるがえしつつあるように見える。

わたしは特別に安倍クンが好きってわけでもないんだけど、購読しているのが朝日新聞で、政策論争なんかわきに置いたその偏執狂的な政権攻撃にうんざりして、彼に肩入れしたくなったものだ。
そんなら朝日新聞なんか止めてしまえばいいのにといわれるかもしれないけど、日本のマスコミの偏向ぶりを知るのにこれほどわかりやすい新聞もないのである。

このブログに書いてきたように、森友学園、加計学園、そして役所や自衛隊の文書隠しにしても、わたしは首相本人よりもまわりに問題アリって立場だ。
トップの管理責任をいう人もいるだろうけど、総理の仕事というのは部下を見張ったり、陳情の相手をいちいち吟味することじゃない。
おそらく今日も霞ヶ関には陳情団が押し寄せていることだろう。
まあ、いいんじゃないかと気軽にいったことが、とんでもない災いになったということで、ちょっと気のドクな面もある。

いったい安倍クンのどこが間違っていたのか、ひとつ安倍クンを攻撃する人の立場になって考えてみよう。
ただし朝日新聞の社員になるのだけは除外する。
わたしが朝日の社員なら、政策論争はどうでもいいんですかと上司に尋ね、総理のクビさえ取ればそんなものはどうでもいいんだという返事に、おかしいでしょうと反論して、とっくにクビになっているはずだから。

安倍クンを攻撃する人の攻撃の根拠。
政策論争でそもそも勝ち目がないんだから、それはもう一党独裁の自民党がキライだとか、安倍クンのあの驕慢な態度が気にくわない、長くやっているからもう辞めさせろ、総理を変えれば世の中はよくなる、奥さんが政治に口を出すのが気に入らない、早く進次郎クンに交代させたい、なんてところじゃないか。

政策が気に入らないという人もいるだろうけど、ひとつ例をあげれば保育所の不足、あれだってやみくもに増やせばいいというものではない。
かぎられた予算の中で、万人を満足させる方法があるはずはないことは、ちょっと政治に詳しい人ならだれにでもわかるはず。
無駄をけずれ、軍事費をまわせ、どこかに埋蔵金があるはずだなんてのは、民主党のときに聞き飽きた。

むしろおしなべて問題をかかえている国ばかりの昨今では、たてまえ論に目をつぶって移民を制限し、若者に100パーセント就職の機会を与え、格差の拡大を阻止している(違うというなら外国と比べてみればいい)日本の立ち位置は立派なほうだ。
いまの政権を、だらしない野党に替えたいと考える人がいるだろうか。

ま、安倍クンがやめても、いまの野党を見ていると、これで自民党の基盤がゆらぐわけもないだろう。
だれがあとを引き継ぐにしても、対アメリカ、対北朝鮮、対中国、対TPP、国内の経済政策、そんな問題でいきなり極端な方向転換はできっこないから、日本の進路が大きく変わるわけもない。
つまり、なんだな。
これからは政治家も、まじめに仕事をするだけではなく、自分たちが相手にしているのは、マスコミの扇動に乗りやすい国民なんだということを、肝に銘じて仕事をしなけりゃいけないってことだな。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | 潜れ!さかなクン »

孤独のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132406/66611086

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の現状:

« 今朝の新聞 | トップページ | 潜れ!さかなクン »