« また訃報 | トップページ | ひさしぶり »

2018年5月15日 (火)

オーストラリアのラクダ

オーストラリアのラクダのことが、今日の新聞に出ていた。
もともとオーストラリアにはカンガルーやコアラはいたけど、ラクダはいなかった。
まだ車の発達していなかった時代に、内陸部へ物資を運ぶためにアフガニスタンあたりから輸入されたラクダが、逃げ出して増えたのだそうだ。

狡兎死して走狗烹らる、増えすぎたラクダを駆除するためにオーストラリア政府は機関銃を持ち出した。
向こうから頼んで移住したわけでもないのに、オーストラリア政府もひどいよな。
これはエミュー戦争の再来だ。

もちろんエミューにも勝てなかったオーストラリア軍が、ラクダに勝てるわけもなく、いま30万頭のラクダは、食肉用として、あるいは乳がチーズやスキンケア用品として、平和的に活用されているらしい。
うん、最後はほのぼのした話題だ。
よかった、よかった。

|

« また訃報 | トップページ | ひさしぶり »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのラクダ:

« また訃報 | トップページ | ひさしぶり »