« Stranger Than Paradise | トップページ | わたしの頭 »

2018年7月 8日 (日)

確率論

確率論について。
いまの時代に、天寿をまっとうしたといえるくらいの長い期間、戦争や飢餓をいちども体験せず、ウォシュレットのあるような最先端の文化を享受できる確率はどのくらいあるだろう。
それに加えて、大きな事故や災害にもあわない確率はどのくらいだろう。
東京に住んでいるとつくづくそう考えてしまう。
西のほうでは大雨で大きな被害が出ているのに、東京ではどこの世界の話だいという感じ。
東北大震災のときもそうだった。
テレビで見ると、現実に大きな災害があったのに、自分の身内や知り合いに、それで死んだとか家を失ったという人はひとりもいなかった。
その後もいくつかでっかい災害があったけど、みんなわたしにはかすりもしないや。

おまえだけじゃない。
日本に生まれた団塊の世代なら、その確率はひじょうに高くなるといわれてしまいそう。
それじゃもうひとつ条件を加えよう。
こういう時代にあって、心身ともに健康で、お金持ちになりたいとか、美人の嫁さんをもらいたいというムリな願望もなく、退屈しないていどの趣味を持ち、お迎えが来るならいつでも来いって開きなおれる確率はどのくらいあるだろう。

そう考えると、つくづく自分の存在は奇跡的みたい。
奇跡、奇跡を乱発すると、こないだ死刑になったどこかの尊師みたいに、オカルトになってしまうから注意しなくちゃ。

|

« Stranger Than Paradise | トップページ | わたしの頭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確率論:

« Stranger Than Paradise | トップページ | わたしの頭 »