« フランス娘 | トップページ | 今朝の新聞 »

2018年8月 7日 (火)

ウナギの未来

ネットに、日本のファーストフード店で、絶滅危惧種のヨーロッパ・ウナギを使った蒲焼きを出しているのが問題だという記事があった。
なんでもDNA鑑定をして原産地がわかったのだそうだ。
ただでさえ数が少なくなって問題になっているウナギではないか。
完全養殖はまだ無理みたいだし、これではますますウナギが値上がりすることは間違いない。

そういえばうちの冷蔵庫に、またスーパーで買ってきた1980円の蒲焼きが入っている。
3つに切って3回分のうな丼にするつもりだから、まあ、そんなに驚くほど高いわけではない。

でもこのネット記事を読んで、これは確実な利殖方法ではないかとひらめいた。
スーパーの蒲焼きを冷蔵庫に20年も保存しておけば、そのころにはいくらになっているだろう。
とはいうものの、わたしはそんなに生きていられないから、このアイディアは他人に無償で進呈することにしよう。
だれかやってみる人はいないか。
20年が限度だぞ。
それ以上は完全養殖が成功しているかもしれないから、保証しません。

|

« フランス娘 | トップページ | 今朝の新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナギの未来:

« フランス娘 | トップページ | 今朝の新聞 »