« おふざけ | トップページ | また「モア」 »

2018年8月20日 (月)

終末

だいぶ目がショボショボしてきた。
べつに体はどこもわるくないのに、足もへなへなになってきた。
いまが人生最高と思えるくらい気楽に生きているけど、ときどき終末について考える。
わたしがもっとべつの、少しはまともな人生を選んだとしても、いまぐらいの年齢になれば、きっと考えていただろう。

わたしに子供がいれば、わたしは子供に頼って、幸福な終末を迎えることができただろうか。

そりゃ無理だ。
そんな幸せな老人が、世間にいったいどれだけいるって。
寝たきりになって、家族の全員から、はやく死んでほしいと望まれるのがせいぜい。
行く手に巨大な滝壺が待ち構えていることを知っていながら、流れに身をまかせているほうが気持ちいいので、みんな必死で見ないふりをしているのだ。

夏休みが終わると、そして秋の気配を感じると、ロクなことを考えない。
これがわたしの子供のころからの傾向。

|

« おふざけ | トップページ | また「モア」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終末:

« おふざけ | トップページ | また「モア」 »