« やわらかい軍隊の2 | トップページ | よみがえる景色 »

2018年8月 3日 (金)

ないときのネタ

あいかわらずの猛暑で、散歩にも出られやしない。
自然観察園ではいまごろヒオウギか咲いているだろうに。
部屋でごろごろしていると、新鮮なブログネタも湧かないねえ。

そういういうときは、頼もしい助っ人、ウチの新聞がある。
これさえあれば永遠にネタに困らないといって差し支えがないくらい。
今朝の新聞にもネタがごろごろだけど、たとえば2面に「LGBTへの理解進まぬ自民党」というものがある。
自民党のなんとかいう女性議員が、同性カップルを、生産性がないと主張したそうで、これがケシカランという。
そんなことをいわれると、わたしみたいな独身はさらに肩身がせまい。
すてきな女の子でも宅配してくれれば、いまからでも生産性向上にはげむ意欲はあるのだが。

しかし与党の議員の大半が同じことを思っているわけでもなし、これでは非生産性取締法ができる可能性も少ないし、わたしはそのていどで大騒ぎしないぞ。
日本のすばらしい点は、多種多様な意見があり、しかもそれをだれでもどこでも、どうどうと主張できるところにある。
これがない国は、北朝鮮のような独裁国家、もしくは反日以外は禁止の韓国のような国でしかない。
言論の自由についてことさらうるさいウチの新聞が、なんでわざわざ言論封じの肩を持とうとするのか、たかがひとりかふたりの議員のために。

みろ、このネタでもうひとつブログを書き上げた。
この間わずか1時間足らず。
ほんと、わたしっていいかげんだよな。

|

« やわらかい軍隊の2 | トップページ | よみがえる景色 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ないときのネタ:

« やわらかい軍隊の2 | トップページ | よみがえる景色 »