« 今朝の新聞 | トップページ | がっかり »

2018年8月18日 (土)

アジア大会

Irang

さあ、いよいよ今夜ですよ。
なにがって?
4年にいちどの美の祭典、アジア競技大会が始まるのだ。
いやいや、誤植やカン違いじゃない。
わたしにとって競技はどうでもよくって、ひさしぶりにお揃いのユニフォームを着たイランの女性選手を鑑賞できる機会なのだ。

わたしがはじめてイランの女性選手の美しさを知ったのが、中国広州で開かれたアジア大会だった。
ヒジャブという頭巾で髪を隠し、けっしてスカートなんてやぼなものを身につけてないくせに、彼女たちの美しさはきわ立っていた。
オリンピックだとほかにも美女が参加する可能性があるけど、アジア大会では、とくに極東アジアあたりには狆くしゃタイプが多いから、国威発揚というわけで、ここぞとばかりに選りすぐりの美女ばかり集めてくるのかもしれない。

イラン人というと、日本人はついアラブ人と同一視してしまうけど(わたしも最近までそう思っていた)、彼らは誇り高きペルシアの末裔である。
ペルシアの末裔だとなんで美人なのか。
あのへんはヨーロッパ系、アフリカ系、アジア系など、いろんな民族が興亡をくりかえしてきたところだから、ハーフは美人が多いということの証明なのかもしれない。

ひとつ心配なのは、中国や日本には融通の利かないカタブツが多くて、入場行進でもナチスの行進のように厳格な規律を守らせようとする。
それがかえってイラン女子の美しさをきわだたせたということもあったのに、今回はルーズなことで知られるインドネシアが舞台だ。
どのくらいルーズかというと、カリマンタンに行ったわたしの荷物が、翌日まで届かなかったくらいだ。
入場行進からして閉会式みたいにだらしないものだったら、イラン女子の美しさもおおいにスポイルされてしまいそう。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | がっかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジア大会:

« 今朝の新聞 | トップページ | がっかり »