« 哲学的命題 | トップページ | SAPIOから »

2018年12月17日 (月)

ヤケッパチ

昨日の健康診断の結果、どうだったのかと期待する向きも、いないと思うけど、いるかもしれない。
書きたくはないけど、いちおう書いておこう。

予想どおり、10年間異常だったものが、昨日だけよくなるなんてことはありえないので、血圧はそれを測った看護婦さんが目をまん丸くする数値。
いっしょに診断に行った友人にいわせると、通常の人間ならめまいがして立ってられない状態だぜとのこと。
でもあいにくわたしは立っていたし、健康診断の会場まで車を運転して友人たちを運んだのもわたしだし、そもそもいっしょに行った友人たちが、みんな血圧だの糖尿だの痛風だのという薬まみれなのに対し、薬とまったく無縁なのはわたしだけ。
高血圧は本人の自覚がありません、ある日とつぜん脳梗塞になりますヨというお医者さんの注意も、毎年のことで聞きあきた。

いったいどうしてこうなるのだろう。
ひょっとすると、生きているように見えるだけで、わたしはとっくに死んでいるのかもしれない。
こうなるとオカルトだ。
やっぱり哲学的大命題だな。
今日は免許証更新のための講習に参加してきて、そのまま仕事を休み、酒の味がするお湯でイッパイやったところ。
不敵というか、ヤケッパチというか。

|

« 哲学的命題 | トップページ | SAPIOから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤケッパチ:

« 哲学的命題 | トップページ | SAPIOから »