« 新年快乐! | トップページ | 化けの皮 »

2019年1月 3日 (木)

フジ子・ヘミング

Fh

フジ子・ヘミングというピアニストがいる。
いまではちょっとした有名人だけど、かっての彼女は無名といってよかった。
戦前の生まれだから若い人ではないし、カタカナ名前でわかるように、世界をまたにかけて波乱万丈の人生を送ってきた人である。
しかし、少なくともわたしは、彼女のことを、名前すら聞いたことがなかった。
そんな彼女がフィーバーしたのは、20年ほどまえにNHKが彼女の特集番組を制作したのが大きいと、わたしは考えている。

たまたまわたしはこの番組を観た。
当時の彼女はうらぶれて、家族もおらず、貧乏アパートの仮住まいといった様子だったけど、この番組のおかげで世間から注目されるようになった。
その後のことはご存知のとおり。
といっても、現在の彼女がメジャーになったとはいいがたいけど、まあ、路頭に迷うことはなくなっただろう。
他人が幸せになるのを見るのはわるい気持ちではない。

昨日は吉祥寺まで出かけて、丸井のまえで版画展のポスターに気がついた。
ほかに用事がないときのわたしはこういうものに目がないのだ。
ちょいとのぞいて作品をながめているうち、作者名がフジ子・ヘミングになっている版画がいくつかあるのに気がついた。
これはあれといいかけると、係員が、ええ、ピアニストのヘミングさんですという。
へえー、彼女は絵も描くのかとわたし。
リトグラフによる版画だけど、絵柄はユニークでおもしろい。

最近はこんなマルチ芸術家が多いようだ。
わたしの知り合いで熊本に住んでいるKさんは、笛作りが本職だけど、もちろん笛も吹くし、絵は描くし、釣りはするし、いずれも玄人はだしの腕前だ。
幼なじみのカトー君は教師上がりの版画家だけど、ときどき近所の人を集めてコンサートなんかやっている。
無芸大食なのはわたしだけみたい(恥ずかしいから食事だけは小食にしてるんだけどね)。

|

« 新年快乐! | トップページ | 化けの皮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジ子・ヘミング:

« 新年快乐! | トップページ | 化けの皮 »