« 観梅 | トップページ | 悲愴 »

2019年2月 4日 (月)

パソコンを買う

昨日の日曜日はウチの新聞にGLOBEという別冊がついてくる日だった。
特集がシルクロードということだけど、それ意外にも読みどころは多い。
これを見てしみじみ思うのは、どうして朝日新聞は最初からこういう硬派の新聞を目指してくれなかったのかということ。
もっとも読み手の能力がそれなりのものでないと、読者の獲得はむずかしかったかも。

シルクロードについては、わたしにはいろいろ思うところがあり、この記事について書きたいことがたくさんあったけど、いざ文章を書こうとすると、観梅のあい間にほいほいと仕上げられるほど簡単ではない。
今日は今日とてパソコンを買いに吉祥寺まで出かけてしまった。
やむを得ずシルクロードは宿題にして、今日は新しいパソコンについて書く。

いまはネット通販が花盛りだけど、なんで吉祥寺まで出かけるのか。
いろいろ手続きがメンドくさいからだ。
じっさいにはそれほどメンドくさくないけど、やはり店頭でじっさいに品物を見て、その場で契約してしまうのがいちばん簡単だ。
わたしはカードで買い物をするのに、まだどこか抵抗のある年寄りなのである。

そして買うならデスクトップに決めていた。
持ち運びできるノートのほうがよさそうだけど、外でパソコンを使うならタブレットがある。
だいたいわたしの部屋には外付けのモニターがあり、これがけっこう高性能で、いつになっても壊れないから、モニターこみのノートを買うのは無駄なのである。

でもいまどきデスクトップを買う人はめずらしいらしく、店頭にそれの選択肢は多くなかった。
それでも数少ないデスクトップのうち、レノボのデザインが、いちばん小さくて、すっきりしていて好感が持てた。
値段は7万6千円くらい。
これにメモリを増設して、ほかに最新のオフィスをつけて、なんだかんだとやったら10万円ぐらいになってしまった。
トホホだけど、いまどきのパソコンで、しかもわたしみたいにパソコンの酷使を当然とこころえる男には、これでも安いほうだろう。

問題は、中国で組み立てるので、発送到着まで2週間ぐらいかるということ。
いまは春節(中国の正月)なので、もっとかかる可能性もありますだって。
そうなんだよねえ。
中国や東南アジアで組み立てるという事情は、たいていのパソコンメーカーに共通していて、壊れてから新しいパソコンを買うのは、だいぶ手遅れなのだ。

というわけで、しばらくブログの更新もマック頼み。

|

« 観梅 | トップページ | 悲愴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを買う:

« 観梅 | トップページ | 悲愴 »