« 今朝の新聞 | トップページ | 気のドクな朝日新聞 »

2019年2月28日 (木)

奈良のシカ

気分が滅入ったときには YouTube で奈良のシカの映像を見る。
ご存知のように東大寺、興福寺のまわりには、たくさんの放し飼いのシカがいる。
シカを鉄砲で撃って、その肉を食べることしか頭にない国(そういう国が圧倒的に多いんだけど)の住人からすると、シカと人間が平和に交わっている日本の景色は、奇跡のように見えるらしい。
肉食の欧米人にはシカはどんなイメージなのだろう。
むかしそんなことを考えたことがあるけど、「バンビ」という子鹿を主役にしたアニメがあったことからわかるように、アメリカ人でさえシカを見れば、やはり可愛い、さわってみたいと思うようだ。

というわけで、来日して奈良のシカの存在におどろいた観光客が、YouTube にたくさんの映像をアップしている。
それを見て、自分も行きたい、さわってみたいという観光客がまた増える。
観光立国にかじを切った日本にとって、観光客を誘致するのに、ゆるキャラなんかよりシカのほうがずっと貢献してるようだ。

いったい野生動物に気安くさわれる国が、日本以外にもあるだろうか。
むかしテレビを観ていたら、英国で観光客の手からじかにエサを食べるスズメが出てきて、感心したことがある。
でもスズメとシカでは勝負になるまい。
オーストラリアではクオッカという、ネズミの親分みたいな動物が人気があるけど、ネズミごときでは、とてもシカと勝負になりそうもない。
シカだけじゃない。
日本には放し飼いのウサギの島や、野良ネコの島、さわれるキツネ園、温泉に入るサルなどもいる。
動物好きの外国人にとって、やっぱり日本は奇跡の国なのだ。
わたし?
イヌでもネコでも好きだけど、動物には動物の分際というものあると信じているので、過度にあまやかさない主義。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | 気のドクな朝日新聞 »

ネットをめぐる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良のシカ:

« 今朝の新聞 | トップページ | 気のドクな朝日新聞 »