« 今朝の新聞 | トップページ | 今朝の新聞 »

2019年2月26日 (火)

三大バカ賞

沖縄の民意がどうしたとか、米朝会談の準備がこうしたとかで、あまり話題になってないけど、日本映画の「万引き家族」や、なんとかいうアニメがアカデミー賞をもらえなかったそうだ。
べつに残念とも思わないのは、ずっと以前に観た、そしてアホらしいと思った「おくりびと」という日本映画が、なんと、その年のアカデミー賞を受賞したことがあるからだ。
あれでわたしのアカデミー賞に対する信頼が、がらがらと音をたてて崩れた。
是枝監督には、がっかりするこたァないですよといっておく。
いまではアカデミー賞、ノーベル平和賞、芥川賞、これ三大バカ賞なのだ。

|

« 今朝の新聞 | トップページ | 今朝の新聞 »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

芥川賞は文芸春秋を売るために作った賞ですので、読売新聞を売るために作った巨人軍と同列に位置します。が、長い年月を経ると権威が付いてきます。それよりも何よりもポール・マッカートニに早くノーベル文学賞をあげてください。ボブ・ディランよりずーっと優れています。酔いどれ君、そうですよね!

投稿: 女音恋音 | 2019年3月 5日 (火) 18時38分

そうですなあ。
ディランにノーベル賞を与えたおかげで、ノーベル委員会もたんなるミーハーの集まりであることが露呈しました。
あなたのおっしゃるとおりです。
ポールの場合はレノンとの合作作品もあるのかもしれないけど、たとえば「エリナー・リグビー」は彼だけの作品でしょう。
若いころあれを聞いてしみじみ感動しました。
歌詞だけではなく、音楽もヒューマンなものですからね。
リバプール出身の不良青年たちが、ここまで来たかって。

投稿: 酔いどれ李白 | 2019年3月 5日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三大バカ賞:

« 今朝の新聞 | トップページ | 今朝の新聞 »