« 新元号 | トップページ | 前項の続き »

2019年4月 1日 (月)

中国の悲願

中国が可哀想だ。
人間ゆとりができると、ついどうでもいいことにもいろいろと関心が向くものだ。
新元号が話題になっている日本がうらやましい。
紀元前から脈々と続いてきた本家本元の元号を、もういちど復活させることはできないだろうか。
しかしいったん途切れたものを復活させるのはむずかしい。
そこで提案だけど、それならば清王朝が崩壊して、孫文や毛沢東が歴史を途絶させた時代を、一括して元号で呼んだらどうだろう。
その元号は「紅衛」で決まりだ。
これで中国の元号はまた続くわけだ。
いくらか払え、このアイディアに。

|

« 新元号 | トップページ | 前項の続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号 | トップページ | 前項の続き »