« ステーキ | トップページ | 夕刊の記事 »

2019年5月14日 (火)

今朝の記事

今日の朝刊に日本維新の会の議員が、北方四島でビザなし交流団の団長に、戦争をして取りもどせばいいですかと発言したそうだ。
彼はわたしのブログを読んだのか、それとも戦争うんぬんがロシア人の共通認識になっているのだろうか。

以前、わたしが階下に住むロシア人と話をしたとき、北方四島の話になった。
四島を返還してもらうにはどうすればいいですかと尋ねると、戦争をすればいいと彼はいう。
日本が北方四島へ宣戦布告をすれば、四島のロシア人はすぐ降伏する。
なにしろ彼ら島民は、本国よりずっと近くて、民主主義的先進国で、食べ物の美味しい日本にかぎりないあこがれを持っている(のだそうだ)。
こうやって腕っぷしにモノをいわせて奪還したものなら、もうだれも文句をいわない。
いかにもロシア人らしい単純明快な方法だけど、人間がおおらかな彼らのことだから、あまり信用するのもキケンかも。

この維新の議員さんも、ひょっとするとわたしのブログ読んでその気になったのかもしれない。
でもねえ。
こういうことは同じアパートのロシア人とわたしが酒を飲んで話をしたものは◯、国会議員が交流先で酒を飲んで話したもの✖️に決まっているでしょ。

|

« ステーキ | トップページ | 夕刊の記事 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステーキ | トップページ | 夕刊の記事 »