« ムービーメーカー | トップページ | 馬鹿者 »

2019年6月 8日 (土)

化けもの

すこしまえにこのブログで、マリインスキー版の「ジゼル」に出演していたディアナ・ヴィシニョーワというダンサーのことを、顔がロボットみたいでキライと書いたことがある。
わたしの個人的偏見に満ちたブログだし、テレビて見るとじっさいにロボットみたいだったから、これは仕方がない。

ところが YouTube で映像を集めるのにはまっているせいで、彼女の出ているほかのバレエを観てみたら、もっと人間らしい美人に見えるものもあった。
人間を長くやっているわたしが、いまさらそんな事実に驚くのもナンだけど、女性というのはお化粧ひとつでぜんぜん別の人間に変わってしまうものらしい。

最近の「海外の万国反応記」というネット掲示板に、その典型的な、そして極端な例が載っていた。
これじゃ美人と結婚して、ひと晩ベッドを共にした旦那が、朝になってすっぴんの彼女を発見したら、驚きのあまり悶絶してしまいそう。

|

« ムービーメーカー | トップページ | 馬鹿者 »

ネットをめぐる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムービーメーカー | トップページ | 馬鹿者 »