« リタイヤしたい | トップページ | ミニノート »

2019年6月26日 (水)

大粛清

大粛清の第2弾。
なぜか不用品が溜まるいっぽうのわが家。
いいトシこいたおじさんの当方としては、いつぽっくり逝ってもいいように、ときどき部屋を整理しているんだけど、昨夜はまた書物の処分だ。

本というものは、ほとんど読まなくなっても、ときどき思い出したように中身が気になることがある。
愛読書になるほどそういうことが多いから、いつになっても捨てられない。
とにかくこころを鬼にしないかぎり、いつになっても部屋がかたづかない。
わたしも悩みつつ、すでに部屋にあった書物の大半を処分した。

いま残っていたのは、なかなか踏ん切りのつかない本ばかりだったから、心苦しさはますますつのる。
救いがあるとすれば、紀田順一郎さんのような、奇書や高価な本はぜんぜんないということ。
どうせ古本屋に持っていっても二束三文に決まっているから、手間を考えると、ゴミにするのがいちばん簡単で手取り早いということになる。

さっきゴミ置場をのぞいてみたら、わたしが出した本はもうなくなっていた。
ゴミ収集掃業者にはいい小遣い稼ぎかも。
まあいいさ、せいぜいビール代にでもしておくれ。

|

« リタイヤしたい | トップページ | ミニノート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リタイヤしたい | トップページ | ミニノート »