« 令和の時代 | トップページ | おとなの対応を »

2019年7月15日 (月)

チューブラーベル

A1s03

「あれ、なんという楽器だい」 とわたし。
いっしょに行った知り合い 「キンコンカンでしょ」。
「ほんとかい」 と疑念のまなざしのわたし。
「のど自慢で合格者に鳴らすでしょ」。
そりゃそうだけど、なんかふざけた名前だから、もっと本格的な名前があるだろうと、その場でタブレットを使って調べてみた。

昨日は近くの大学で開催された吹奏楽コンサートに行ってきた。
去年も行って、派手なアンコール曲に感心した催しだけど、今年はお子さま向けコンサートらしく、プログラムをみると、ウルトラマン、トトロ、千と千尋の神隠しなんて曲ばかりだ。
ジブリのアニメに関心のない当方としては、いささか困惑ぎみ。
でも日ごろ、こういうコンサートに縁がないから、つまらないところに興味を持つ。

見なれない、いや日曜日正午のNHKで見かけないこともない楽器の正体は「チューブラーベル」。
そんなら知っていた。
わたしの世代なら映画「エクソシスト」の主題曲として使われていた曲名にピンとくるはず。
べつにいい曲だと思わなかったし、映画も見た記憶がないんだけど、曲名だけはわたしの脳内フラッシュメモリに記録されていたのだ。

今年もプログラムにはないアンコール曲で、派手なジャズナンバーがふたつばかり。
これが聴きたくて常連という人もいるらしい。

|

« 令和の時代 | トップページ | おとなの対応を »

聴きまくりの音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和の時代 | トップページ | おとなの対応を »