« ロミオとジュリエット | トップページ | ひょっとすると »

2019年8月 1日 (木)

かわいそうな女の子

韓国との関係がこじれにこじれている。
わたしは数ヶ月前にネットで、もうすぐ日本に行くので、いま一生懸命日本語の勉強をしてます、とっても楽しみという韓国の女の子の記事を読んだことがある。
かわいそうに、あの子はどうなっただろう。
べつに日本人は来るなとはいってないけど、いまの状況では彼女が日本に来るのはむずかしかろう。

若い娘のあこがれを残酷に粉砕したのも、すべて韓国の現政権の頑迷さから。
もしも文在寅大統領がもっと柔軟で、わたしも言いすぎた、手をついて謝るといったらどうだろう。
日本も振り上げたこぶしを下さざるを得ず、輸出制限もホワイト国からの除外も撤回し、韓国にとっては貴重な時間稼ぎが出来、このあいだにもしかしたら、半導体製造に必要なフッ化水素などの自家製造もできるようになるかもしれない。

しかし韓国人にとって謝罪はすなわち敗北なのだ。
なにがなんでも声の大きさで相手を圧倒しなければいけないのだ。
水に落ちたイヌは死ぬまで叩かれる。
ましてこれだけ日韓関係をこじらせた大統領だ。
文サンはぜったいに謝るわけにはいかない。
だからして、日本も安心して相手をとことんまで追いつめることができる。
まあ、これから先は日本政府におまかせだけど、訪日を目前にして断念せざるを得なかった女の子の無念さを思うと、ホント、気のドクで、気のドクで。

|

« ロミオとジュリエット | トップページ | ひょっとすると »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロミオとジュリエット | トップページ | ひょっとすると »