« リタイヤ | トップページ | またまた彼岸花 »

2019年9月27日 (金)

トリエンナーレのその後

今朝のウチの新聞は「あいちトリエンナーレ」の話題一色。
1面から2面、社説その他の面まで動員して、このニュースだ。
これについてはわたしも、どっちかというと朝日新聞の味方。
いきなりトリエンナーレ全体に補助金不交付なんてことをせず、問題のある展示ふたつを撤去すればかまわないではないか。

芸術というのはもともと反体制的なところがあるものだ。
どうしようもないプロバガンダとわかるもの、個人を誹謗するような作品に国の税金は出しませんというのはいいとして、ひとつかふたつ問題があるから全部に出しませんというのは、わたしとしては賛成できない。
これも現在の日韓関係が生み出した忖度のひとつかもしれないけど、日本はもっと大人であってほしい。

ウチの新聞も姑息だ。
目にあまる部分は無視して、国が芸術を恫喝するのはケシカランと、たてまえ論にすり替えている。
はっきり書け、はっきり。
慰安婦像と、天皇の写真に火をつける展示ははずしたんだからいいではないかと。
そのほうがわたしみたいな芸術好きの賛同を得られやすいのに。

|

« リタイヤ | トップページ | またまた彼岸花 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リタイヤ | トップページ | またまた彼岸花 »