« 狼少年 | トップページ | もうひとつ »

2019年10月16日 (水)

近くて遠き

日本は大統領制の国ではない。
韓国は議院内閣制の国ではない。
おたがいに相手の国のことはよく知らんだから、つい相手もこっちと同じようなもんだろうと勘違いすることはある。
日本は韓国の大統領が持っている絶大な権限を過小評価するし、韓国は日本の首相の権限を過大評価することはある。

だから韓国は安倍首相がたったひとりで韓国をいじめていると思いこみ、安倍ガー、安倍ガーと連呼するけど、日本の首相はあくまで大多数の日本人の声を代表しているに過ぎず、文句をいわれても困るのである。

日本では三権分立がきちんと機能しているから、日本人はつい韓国もそうだろうと思ってしまう。
しかし韓国大統領の権限は、日本人が考えている以上に絶大なのだ。
だれかが大統領になれば、国会も裁判所も軍隊もみんな右へならえだ。
忖度なんて日本の規模をはるかに上まわるし、たまたま本人が清廉な人であっても、まわりが利権を放っておかない。
権力が絶大であればこそ、ときの趨勢にうまく乗れた者の利益は大きいし、乗り遅れた者の反感もすさまじい。
負け組はつねに勝ち組の寝首をかこうと、あの手この手。
いったん政権奪取に成功すれば、相手を完膚なきまでに叩いて、今度こそ自分たちの地位を不動のものにしようとする。

かくして韓国という船は、右に左に船首を振りながら迷走を続けることになるのだ。
わたしたちに必要なのは相手の国をよく理解することで、ゆめ日本と同じ国だと誤解してはいけない。
さわらぬ神に祟りなしという言葉もある。

|

« 狼少年 | トップページ | もうひとつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狼少年 | トップページ | もうひとつ »