« 政治家の功績 | トップページ | 墨東綺譚 »

2019年12月11日 (水)

ムシのいい記事

今日のウチの新聞に、めずらしく気持ちイイ記事が。
オピニオン面の「多事奏論」というコラムだけど、日本では老後の不安から、いちばん財産を持っているのが年寄りなんだそうだ。
それが最近話題になった老後に必要な2千万円かどうかは知らないけど、とにかく日本の老人は金持ちだそうで、それを使わないまま死んでしまう人が多いという。
そんな死蔵されている財産を吐き出させ、経済活性化のために利用したほうがいいではないか。
ホントかウソか、イタリアやスウェーデンでは、財産をすっぱりと使い果たして死ぬ人が多いそうで、日本も見習ったらどうだというムチャな言い分が、今日の記事の主旨。

将来に不安を感じている日本人が、そうかんたんに財産を使ってしまおうと考えるかどうか疑問だけど、新聞では不安を払拭するために、75〜80歳を超えた老人には、それだけで暮らせるような充実した年金を払えばいいという。
双手を上げて賛成である。
わたしも仕事はリタイヤしたし、たいしてあるわけじゃないけど、あとはひたすら財産を使い切るだけ。
わたしが生きているあいだに、これを法制化してくれればいうことなしだ。
こういうムシのいい記事ばかり書いてくれると、ウチの新聞のファンはもっと増えるだろうに。

|

« 政治家の功績 | トップページ | 墨東綺譚 »

(朝日)新聞より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治家の功績 | トップページ | 墨東綺譚 »