« 追加 | トップページ | 方向転換 »

2020年1月16日 (木)

教育

今朝の新聞に世界発2020というコラムがあって、ミャンマーの小学校で教育改革が進んでいるという記事があった。
丸暗記重視から子供の意欲を引き出す授業に転換だそうだ。
具体的には、カラフルなイラストなどを使い、それを見て子供たちが自分で考えられるようにするという。

この教育方針を指導したのが日本で、ということはどうでもいいけど、かりに、と考えてしまう。
韓国が反日教育というものをいっさいやらず、子供たちの自主性にまかせ、どんな本でも自由に読んでいいということにしたらどうだろう。
マスコミも、日本の朝日と産経のような両極端な報道があって、お互いの主義主張でののしりあい、子供たちは目をパチクリさせながらそれを読む。

一方の新聞が、李朝時代の韓国は自由な教育が当然だった、日帝がそういう自由な教育を禁止したのだといえば、もう一方の新聞は、いや日帝はそんな理不尽なことをしなかった、国中に学校を作って教育に熱心だったと書く。
これでは子供たちは迷ってしまう。
迷った子供たちの中には、ほんとうはどうだったのかと疑問を持つ子供も出てくるだろう。
さまざまな情報があふれていれば、それを見比べ、研究することで、誰でも自分の頭で判断することができるようになる。

じつはこれこそ健全な社会のあり方で、自主的な判断力ぐらい子供たちにとって有益なことはないのである。
さまざまな意見の中から真実を見出すためには、上からの押し付けがあってはいけない。
わたしはここで、日本が正しいとか韓国が正しいとかの判断はしない。
一部のおとなたちの利益のために、犠牲になって、読みたい本も読めない子供がいてはいけないというのである。
そうやって自主的に勉強をして公平客観的な見方をやしなった子供たちが、将来の韓国を引っ張る政治家になってほしいと思う。

|

« 追加 | トップページ | 方向転換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加 | トップページ | 方向転換 »