« 皮肉 | トップページ | 静かな生活 »

2020年3月15日 (日)

長ナス

今日はぶらぶらと、いつもと反対方向に散歩に行ってみた。
すると野川ぞいに20分も行ったところに、調布卸売センターというものがある。
そういうものがあることは、以前から知識としては知っていたけれど、この中にある農産物直売所に入ってみたのは今日が初めてだった。
店内に入ってみると地方でよく見かける「道の駅」みたいで、値段はけっして直売というほど安くなかったようだけど、いかにも近所の農家の手作りと思わせられる農産物が並んでいた。
もっと早く知っていれば、たまに野菜や漬け物を買いに来たものを。

0916a

そんな農産物のなかに、60センチもある細長いナスがあった。
熊本産とあるから、これってアレじゃないか。
「試してガッテン」かなんかでやっていた、スライスしてそのままサラダのように食べられるナスじゃないか。
野菜ならなんでも好きなわたしのこと、いつか食べてみたいと思っていて、まだ味わったことのない野菜だったのだ(扱いにくいので、写真のものはふたつに切断してある)。

そこでこれをゲット。
帰宅してさっそく生で食べてみた。
ネットにはこのナスを使ったレシピがたくさん出ていたけど、メンドくさい調理はしないのだ。
皮の部分がちと固いものの、身の部分はナスの香りこそすれ、無色透明な味わいで、お醤油をかけるとなかなか美味しい。

0916b

これ以外に、散歩コースのわきに伸び始めた菜の花も摘んできて、家でおひたしにした。
菊を採る東離のもとの陶淵明みたいに、優雅かつ清貧な隠遁生活ではないか。
残念なことは、わたしはあと1カ月もすると、現在のアパートから引っ越してしまうのである。
新しい家でもこんな禅坊主みたいな生活が可能かしら。

|

« 皮肉 | トップページ | 静かな生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皮肉 | トップページ | 静かな生活 »