« 世界の不思議 | トップページ | 秋のささやき »

2020年5月30日 (土)

ポプラの綿毛

0941a

いい天気なので散歩に出かけようとして、小さな公園のわきを通りかかった。
ここはいつも白い綿毛のようなものが飛び交っているところだ。

いまの季節だと、ひょっとするとアレじゃないか。
このあいだまで住んでいた大沢村の散歩コースのわきにハコヤナギ、これはようするにポプラのことだけど、それが生えていて、やはりいまの季節に、天使の鱗粉のような綿毛を盛大にふりまいていた。
ただしポプラには綿毛を生じるものと、そうでないものがあるみたいで、わたしがこの綿毛に気がついたのは、もうけっして若くないシルクロードを旅したころのことだった。

0941b0941c

中国の新疆ウイグル自治区にはこの木がひじょうに多く、あちらでは白楊と呼ばれる。
ほかに樹木のあまりない土地だから、この木の記憶はいまでも鮮やかだ。

そういうわけで、小さな公園のハコヤナギは、連想ゲームのようにわたしを、わたしの人生がいちばん輝いていたむかしにいざなう。

0941d

最近のわたしって、仙人が霞を食べて生きているように、思い出ばかりを食べてるね。
いちおうコンビニのカツサンドも買ってはありますが。

| |

« 世界の不思議 | トップページ | 秋のささやき »

思い出のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の不思議 | トップページ | 秋のささやき »