« 怠惰 | トップページ | 予知能力 »

2020年6月25日 (木)

トラムの旅

Tram01

NHKしか観ないというと、カッコつけやがってと思われるかもしれないけど、わたしの場合これホント。
民放の場合ガチャガチャやかましいイメージで、ハナっから観る気がしない。
ずっと以前、旅行中に、いっしょに行った知り合いが、「半沢直樹」がおもしろいからぜひ観ろといったけど、無視してさっさと寝てしまった。
それ以来わたしが変人であるという噂がますます広まることになっちゃったけど、観たくもないテレビを観せられるくらいなら死んだほうが、いや、寝たほうかマシ。

いったいNHKのどこがいいんだという人が、わたしの知り合いにもいる。
それで今日は最近見つけた実例をひとつあげよう。
BSに「ヨーロッパ・トラムの旅」という番組がある。
これはトラム(路面電車)に乗って、アムステルダムだとかベルリンのようなヨーロッパの都市を見てまわるだけの番組だ。
ドラマやナレーションも会話もなく、ただ音楽を背景に、電車の車窓からひたすら街をながめる番組で、つまらない人には徹底的につまらない番組なんだけど、これがわたしの感性にぴたりとはまった。

もともと旅行の好きなわたしだけど、旅先で飲んだり食ったり遊んだりするよりも、列車やバスに乗って、ぼんやり通り過ぎる風景を眺めているのが好きである。
そういうつまらない趣味の男に、この番組は、部屋にいながらにして理想の外国旅行を体験させてくれる番組というか。
たったいま録画していたフィンランド編を観ているけど、トラムの前方のほうに、結婚式を終えたばかりで、まだ結婚衣装のままの新郎新婦が歩いている。
べつにカメラがわざわざ接近するわけでもなく、すぐにふたりは建物のかどをまがって見えなくなった。
そんな具合に、車窓につぎつぎとあらわれる景色は、それだけでわたしにとってほんとうに興味のつきないものなのだ。

Tram02

余計な追記:
これが途上国のトラム(そんなものがあればの話だけど)なら、もっと人間くさい景色が見えるだろう。
わたしは中国の洛陽で、人通りの多い道路のわきで馬を解体しているのを見たことがある。
そのときはトラムじゃなくタクシーだったけど、これはさすがにあまり見たくなかったねえ。

|

« 怠惰 | トップページ | 予知能力 »

(NHK)テレビより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怠惰 | トップページ | 予知能力 »