« セミ | トップページ | 韓国からの報告 »

2020年8月21日 (金)

韓国関連の本2冊

とくに読みたい本もないくせに図書館をうろついて、引っこ抜いてきたのが韓国関連の本2冊。
池上彰の「世界の見方・朝鮮半島」と、〇〇順子というオンナの人の「韓国・現地からの報告」って本。
池上さんの本はこじれた日韓関係をわかりやすく解説してくれるもので、あらためておさらいさせられる部分も多い。
順子サンの本は、ちらりと見たかぎりでは、あちら側を擁護する感じだったけど、わたしは相手の言い分にも耳を傾けようという殊勝な男なのだ。

この本のなかで順子サンは、池上さんの本を読むとイライラすると書いている。
でもそんな順子サンの本を読んでイライラしているわたしみたいな男もいるんだけど。

ただ「現地からの報告」の内容が、あの朝日新聞でも書かないようなむじゃきなものなので、これはひょっとすると、順子サンと筑摩書房が組んだ謀略の本かもしれない。
そのへんを詳しく書こうか、それともあんまりアホらしいので放っておこうか、いま思案中。

|

« セミ | トップページ | 韓国からの報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミ | トップページ | 韓国からの報告 »