« アオマツムシ | トップページ | あれはきっと »

2020年8月31日 (月)

総裁候補

自民党の次期総裁選びがかまびすしい。
世間ではいろいろいう人がいるけど、そのほとんどが客観的というより、自分の希望・期待を披露しているだけだ。
だからわたしもここで自分の希望を披露してイケナイことがあるだろうか。
ジャーン!

希望・期待は韓国でも同じで、なんとか石破クンにあとを継いでほしいと、これはひたすら願望のクチ。
韓国にとってメンツがからむから、どうしたって安倍クンに頭は下げられないけど、新しい首相が話のわかりそうな人物なら、尻尾をまるめてすり寄ろうというのだろう。
しかし石破クンだって、反安倍の立場から韓国に美味しい発言をしただけで、総理になっていきなり甘い顔はできないはず。
いまや嫌韓は日本の総意といっていいのだし、とにかく相手をバカにしたような韓国の態度が改まらないのがイケナイのだ。

だから石破クンでも心配はしてないけど、彼の場合、冷やメシが長かったからなあ。
その憎しみがたまりにたまって、とりまきの大臣に同じような冷やメシ族を優遇し、それでは米国や中国とたてまえ以上の交渉ができそうな感じがしないので、すぐに落ち目になって、ヤケになって、やっぱり韓国と仲良くしようなんて言い出さないかと心配だ。

現在の状況をながめると、本命の候補のまえにショートリリーフとして、令和おじさんの菅クンを立てるのもいい。
アメリカの大統領選挙が終わって、トランプさんの去就が決定するまでは、急いで本命を決めても仕方がない。
とりあえず無難な候補で中継ぎをというのは、これまでも自民党がやってきたことだ(中継ぎがやる気を出して大化けしてしまうこともあるけど)。

おとなしそうで女性に人気のありそうな岸田クンは、わたしには無難でありさえすればなんだっていいという、古いタイプの政治家にしか見えない。
けっして彼が政治家として失格というわけじゃないんだけど、現在のように国際情勢が激変している時代に、日本の舵取りをまかせようって気にはなれないのだ。

中国に対して強硬だから河野クンがイイという人もいるけど、そういう人は失望することになるだろう。
わたしは彼のどこが強硬なのかと、過去をふり返ってみた。
いちばん最初に思い出したのは、中国の華春瑩報道官と肩を組んでムフフと微笑んでいた彼の写真だ。
彼はこちらからケンカをふっかけることはないけど、そのかわり相手にふっかけられっぱなしでもないというコツを、安倍政治をま近に見ていて身につけたと思う。

ということで、わたしの本命は河野クンだなあ。
ただし上記した理由で、自民党の長老たちが、彼にもうすこし待てと言い聞かせるかもしれない。

わたしが河野クンを推すのは、やっぱりいくらか変人ぐらいでないと、これからの日本を引っ張っていけないと思うところもある。
進次郎クンは今回立候補せずに、河野クンを押すという。
まだ経験不足の彼としては、これは賢明なことだ。
もっと経験を積めば、同じ変人系列として、進次郎クンは確実に河野クンのあとを継げるだろう。

河野クンや進次郎クンらを眺めると、よその国から老人政治と揶揄される日本でも、若返りは着実に進んでいると思う。
古いタイプの極上見本のような二階じいさんも、この国の未来は若手にまかせるしかない、ただしいますぐ河野じゃ荷が重い、ひとまず菅にまかせて時間稼ぎをし、そのあとで河野、進次郎に引き継がせようと考えているなら、彼はなかなかの策士、いや国士といえるし、自民党はまだまだ見込みがある。 

以上はわたしの個人的希望なので、反対する人が百合子サンや聖子チャンを押しても、もちろん依存はありません。

|

« アオマツムシ | トップページ | あれはきっと »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオマツムシ | トップページ | あれはきっと »