« 岸田文雄さん | トップページ | アフリカ/マラウイ »

2021年10月 6日 (水)

天敵

ふつうに考えればもと首相の安倍クンと麻生クンは盟友で、仲がいいと考えられるのに、「安倍氏がキングメーカー・麻生氏に警戒」だって(これは朝日新聞の記事だけど)。
岸田クンと高市サン、野田チャンの関係もそう、ここんところの世間の動きを見ていると、政治家たちの相関関係はなにがどうなっているのかさっぱりわからない。
たぶんみんなが勝手に想像して、無責任なことをわめきあっているだけなんだろう。
わたしは騒ぎませんよ。
どうせ自民党の中の嵐だし、ただ傍観するのみ。

べつの話題。
防疫が成功したのか、それとも他の原因か。
横暴をきわめたコロナ・ウイルスが収束に向かい始めたとかなんとか。
ある日とつぜんばったりだとしたら、わたしは有名なSF小説を思い出してしまうね。
そ、H・G・ウェルズの「宇宙戦争」。
あの小説では人間がまったく歯が立たなかった宇宙人が、ある日とつぜんバタバタと死んでゆく。
人類は救われたと、なにがなんだかわからないまま、ハッピーエンドだ。

じつは宇宙人も気がつかないまま、いつのまにか彼らは地球の細菌にむしばまれていたのだというのがオチ。
コロナだってそういうことないかしら。
自然界には不思議なバランス感覚があるのだ。
ひとつの動物が大繁殖をすれば、その動物を餌にする天敵も増える。
増えすぎた動物は捕食者に食われて、やがてまた自然に減ってゆく。
コロナだっていまごろは天敵に襲われていないだろうか。

ウイルスに天敵がいるのかどうか知りませんよ。
あまり都合のいいことばかり考えて、パンデミックスになっても知らないから。
でも空想するのは楽しいな。
コロナがいまごろ別のウイルスに、ばりばりと頭から食われているとしたら。
そいつから逃げるために、デルタ株、イプシロン株、ゼータ株・・・・カイ株、プサイ株、オメガ株なんて、向こうさんも必死で変異してたりして。
これじゃいつになっても感染は終わらないか。
油断は禁物です。

| |

« 岸田文雄さん | トップページ | アフリカ/マラウイ »

揚げたてニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田文雄さん | トップページ | アフリカ/マラウイ »