« ボケぐあい | トップページ | 観ました »

2022年2月 6日 (日)

五輪開会式

7000b

いまじっくり落ち着いて冬季オリンピックの開会式を観てます。
いつも開会式が終わったあとで、この部分がよかったとか、あの国の選手が美人だったとか、どこそこのユニフォームがかっこよかったとか、いろんな意見が飛び交うので、ホントかよと確認するために録画することにしているのだ。
とくに韓国は自分の国のファッションを奪われたなんていちゃもんをつけているらしいけど、ま、日本に関係ないことだからどうでもいいや。

7000a

中国というともうそれだけでキライ、悪の枢軸だなんていう人もいる(わたしの知り合いにもいる)。
まあ、台湾も香港も、アメリカも参加していたし、開会式はべつに問題なかったといっていいんじゃないかね。
各国を先導するプラカード持ちの女の子は、これって選りすぐりなんだろうけど、みんな素晴らしいスタイル(マスクをしているので顔はわからない)。
聖火を点灯する場面でも、中国の聖火ランナーって、どうしてアスリートなのにこんな美人なのって感じ(ヘイト?)。
こうやって平和の祭典を観ていると、いくらアメリカがけちをつけようと、中国という国は動じることがなく、慌てることもなく、ゆっくり確実に、アメリカを凌駕する国になっているなと感じる。

開会式総監督の張芸謀はフランスが出資した映画や、高倉健を起用したり、文化大革命や南京虐殺をテーマの映画を作ったこともある人で、どうもスタンスがわかりにくい人だ。
こういうときは、ようするに便利屋で、イデオロギーに関係なく、どんな映画でも作ってしまう職人なんだろうと思うことにしている。
彼が作ったという南京虐殺の映画、日本未公開だというから、YouTubeをのぞいてみたら、アップされていることがわかった。
で、今夜はオリンピックのあと、それをじっくり観てみることにした。

| |

« ボケぐあい | トップページ | 観ました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボケぐあい | トップページ | 観ました »