« 韓国の事情 | トップページ | コスモス(ピンク) »

2022年8月10日 (水)

日本放送協会

まえにこのブログでも取り上げた岩田明子さん、NHKを辞めたんだってね。
早期退職ということだそうだけど、干されたのか、居心地がわるくなったのか、上司の逆鱗に触れたのか(本人が上司の思いもよらないところで人目をひけば、それだけでケシカランという上司もいるんだよ)、とにかく宮仕えというのは人間関係がむずかしい。
まあ、彼女くらいの実力があれば、わたしみたいに年金やりくりということはないだろうから、心配無用だけど、またNHKの陰湿さについて考えてしまう。

上司がいくら有能でも、それが経済分野や上役へのごますりばかりで、国際感覚のない人間だったらどうなるだろう。
早い話が、ひとつの問題を広い視野で眺められず、他人はどう思うかと公平に考えられない人間だったりしたらどうだろう。
NHKにそんな人間がいるわけないというかも知れないけど、わからんよ。
こういう平和な時代に、巨大組織のなかで出世するには、わたしたちの知ってる能力以外の能力が必要なものさ。

そういうトップにしてみれば、まともな社員がいたりすると、余計に気にさわる。
なにしろ上司なんだから、自分に逆らう者、気に食わない部下はかたっぱしからクビだ、左遷だ、閑職だ。
アメリカのトランプさんもそういうタイプだったよな。
こうやって出る杭は打たれるようなことばかり続けば、優秀な部下ほどアホらしくて出ていくわということになり、局の内部はかたよった考えの人間ばかりになる。

いや、わたしもNHKのトップをよく知っているわけじゃないし、日本放送協会ばかり責めようと思っているわけじゃないんだけど、最近のここの番組を観ていると、やっぱり責めたくなってしまうのだよね。
昨夜なんか「映像の世紀」だけじゃ足りなくて、「混迷の世紀」というシリーズを始め、さらにNHKスペシャルやWhere We Call Homeという番組まで動員して、ロシアをけなし、ウクライナ擁護の論陣を張っていた。
いったい遠いヨーロッパの戦争で、一方に加担することにどんなメリットがあるのだろう。
そんなことより世界が協力して、温暖化阻止のように、いますぐやらなければいけないことが差し迫っているのに。

おかげで今年の冬は貧乏人にとって、寒さがひとしきり身に染みそう。
え、わたしみたいなじいさんには、電気代の支援をしてくれんのか。
熱中症がコワくて、ここんところ48時間エアコンを入れっぱなしなんだけど。

| |

« 韓国の事情 | トップページ | コスモス(ピンク) »

(NHK)テレビより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国の事情 | トップページ | コスモス(ピンク) »