« 岸田クンの外遊 | トップページ | 無聊 »

2023年5月 4日 (木)

憲法記念日

1166a1166b

世間はゴールデンウィークだというので、昨日は自転車で近所をふらついてみた。
どこかに鯉のぼりでも上がってないかと思ったけど、うちの近所は古い農家が多い割には、あまりそういうものは見られなかったねえ。
またひとつ消えていくかな風物詩ってところ。

空掘川を下っていくと、柳瀬川と合流し、清瀬市の金山緑地公園に出る。
ここは河原にバーベキュー場があって、今日は安・近・短で行楽に行こうという人たちでいっぱいだった。
わたしも混雑が大っキライなので、わざわざ混雑しているときに行楽地に出かけざるを得ない人たちに痛く同情してしまう。

偏屈おじさんのぼやきはここまで。
昨日は憲法記念日だったというから、それについて書いてみよう。
NHKの世論調査では、憲法改正に賛成する国民が32パーセント(必要ないは30パーセント、残りはどちらともいえない)だそうだ。
でもこれをすなおに信じてはいけない。
いまはロシアのウクライナ侵攻で世間が沸騰しているときなので、こういうときに世論調査をすれば、結果はわかりきっている。
日本政府(とNHK)が危機を声高に叫ぶのは、こういう事情があったのかということもわかってしまう。

わたしも右寄りの中道派だから、自衛隊の明記くらいはしてもいいと思うけど、この国はえてして行きすぎてしまうことが多いから、他国の紛争をかくれ蓑にして憲法改正をしようというのは気にいらないね。
軍備というのは北朝鮮みたいに、強いんだぞと誇示するより、遠い小惑星に探査機を飛ばして、先端技術の底力を見せつけておくだけで効果があるものだ。
温暖化など、地球がかかえる問題は多い。
日本は相手にとって、なくてはならない国になるほうが、戦場に若者の命をつぎこむよりずっとマシではないか。

アメリカはもはや単独では中国の強国化を止められない。
日本の再軍備を防ごうとアメリカの都合によってつくられた憲法が、いままた尻に火がついてきたアメリカの都合で変えられるのだ。
歴史好きにはちいと感慨があるね。

| |

« 岸田クンの外遊 | トップページ | 無聊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田クンの外遊 | トップページ | 無聊 »